MENU

性病の治療中にエッチをしても大丈夫?

性病の治療中にエッチをしても大丈夫?

 

性病の治療中に彼氏とエッチをしても大丈夫でしょうかという質問をよく受けます。検査を待っている間や治療中にくっつきたいと感じた場合にはどうしたらいいでしょうか。

 

 

エッチをしてはいけません。

 

これはご自身で実はわかっていたのかもしれませんね。

 

大好きなお相手から求められると、なかなか断るのはツラいですよね。性感染症は感染源が特定しにくいものもあり、不特定の相手との性交渉をしていなくてもなぜか発祥するということもあるようです。相手に伝えていない場合でも、体調が悪いなどと伝えてあげるのがやさしい対応かもしれません。

 

性行為は性病が治ってお医者さんから許可が出るまで禁止です。性病が完治というのは症状が軽くなったときではないので注意してください。性病や性感染症は実は結構しつこいんです。抗生物質を飲んでも完全に菌やウィルスがなくなるまで絶対にエッチをしてはいけません。

 

エッチは一人でするものではないのです。相手の体を壊すことにもつながりますので、思いやりを持って断ることが重要です。付き合いによっては難しい可能性があると思います。その時にはデートだけしてお家へ帰るなど、雰囲気にならないように注意しながら遊んでください。

 

性病の可能性があるかも!?エッチしても大丈夫?

 

性感染症かどうかわからないけれど、性病っぽい症状がある方も同様にエッチは避けておくようにしましょう。状態が悪いときは免疫力が下がっていることもありますので、十分注意が必要です。もし性感染症になってしまっている場合には、相手にも移してしまう可能性が大きいので避妊具を付ければ大丈夫などと安心しないようにしましょう。

 

また、症状が出ている場合には早めに自信の状態を把握するのが良いです。

 

お医者さんに言っていただくことを推奨しますが、恥ずかしさや親にばれてしまうことを気にされる方は多いです。いざ治療となると再度お医者さんで検査が必要になるのですが、事前に簡易検査キットで怪しい症状についての検査項目が入っているものを試すのが良いです。

 

病気は早く治療に入った方が身体へのダメージは小さくて済みます。せめて性感染症かどうかだけは確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

性病の治療中にエッチをしても大丈夫?性病の可能性が心配な方へ簡易検査キットのランキングを見る

 

このページの先頭へ