MENU

尖圭コンジローマの症状と治療法

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスというウィルスが原因で発症する感染症です。ヒトパピローマウイルスは良性と悪性の二種類あり、尖圭コンジローマは良性をウィルスが原因となります。ここでは尖圭コンジローマの症状や治療方法についてお伝えしていきます。

 

 

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの感染経路となるのは、人の皮膚や粘膜、傷などです。主に性行為によって感染し、オーラルセックスやアナルセックスなどでも感染します。

 

尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの潜伏期間は、他の感染症と比較しても長く、短い場合でも3週間、長い場合は8ヶ月もの間潜伏していることもあります。

 

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの特徴的な症状は、病名にもあるように尖ったイボです。乳頭のような形のものや、鶏のとさかのような形のイボが男女共に出現します。男性の場合は、陰茎や亀頭、陰嚢などに出現しやすく、すぐに気が付くことが多いようです。放置すると増殖し、悪化すると排尿や射精が困難になることもあります。女性の場合は、陰部の目に見える部分だけでなく、膣の中に出来ることもあるため、気が付かないこともあります。しかし気が付かずに放置すると、ガンの原因にもなるため注意が必要です。

 

尖圭コンジローマの治療方法

尖圭コンジローマの治療は、イボの除去が基本となります。除去方法は、電気で焼く電気焼灼、液体窒素で除去する凍結療法があります。その他には炭酸ガスレーザーで除去する方法もあります。また、クリームを患部に塗り続けるという方法もありますが、副作用の出現や治療が長期に渡るというデメリットもあります。イボの除去の際は、周囲の皮膚にもウィルスが存在しているため、数回の除去治療が必要となり、その後も皮膚の観察をしていく必要があります。

 

 

 

このページの先頭へ