MENU

おりものの悩みがあるけれど、どうしたらいいかわからない|女性の医学

おりもの 性病,おりもの 性感染症

 

おりものとは、子宮頚部や子宮内膜、膣などから出る分泌物です
膣の粘膜をうるおして膣の中を清潔に保つという働きがあります。おりものは量やにおいに個人差があるものの健康的なものは乳白色で、少しすっぱい臭いがするのが一般的です。

 

おりものは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステン)の作用を受けるため、月経周期に合わせて量・状態に変化がある場合が多いです。自分の通常のおりものの状態を知っておくことで、排卵日や生理になるタイミングを知ることができます。このように健康な状態の自分を知っておくことで、性感染症やその他の体調不良の目安になることもあります。

 

 

おりものの量が増えたと感じる

おりもの 性病,おりもの 性感染症

 

おりものの量は他の人と比較することができないので、自分で多いのかどうかはわかりにくいと思います。今の状態が異常かどうかは判断できないでしょう。尿漏れをしたように下着がぬれているとか、以前よりも徐々におりものの量が増えたという場合には念のため産婦人科やレディースクリニックで受診するのが良いと思います。

 

おりものの量は年齢によっても変化する特徴があります。女性ホルモンの分泌量が多い20〜30代の場合は、10代と比べるとおりものの量は多いです。急に変化した場合は注意が必要ですが、徐々に多くなっている場合には心配はいりません。それ以降、40代になると徐々に量は減っていきます。

 

おりものの量が多くて下着がぬれた状態のままでいると、雑菌が繁殖して炎症を起こすこともあります。下着は吸湿性のものを使って、ぬれたと思ったらこまめに換えましょう。

 

おりものの臭いが気になる

正常なおりものってどんな状態か。健康な方のおりものはちょっとすっぱいにおいがします。これは膣の中にいる菌が乳酸を出しているためです。この乳酸によって膣内が酸性になり、他の雑菌が進入しにくい状態になっています。ちょっとすっぱい臭いは正常なので心配いりません

 

おりものの臭いが気になったら、まずは清潔にするように心がけてください。病気かどうかの前におりものが下着について時間がたったときの雑菌の繁殖の可能性もあります。おりものシートなどを使うなど外陰部をできるだけ乾燥した状態にしてあげるのが臭いを減らすコツです。

 

 

 

おりものが病気のサインになる

おりものは健康なときにも出るものですが、量が増えたり臭いに変化があった場合には、病気の可能性もあります。

 

たとえば、酒かすのようにちょっとカサカサしたおりものが出る場合には「性器カンジダ症」悪臭をもつおりもので量が増えた場合には「非特異性膣炎」の可能性があります。

 

変化に気づけるように、自分のいつものおりものはどんな状態にあるか確認しておくことが重要です。違和感があった場合には早めの検査が重要です。産婦人科に行くのも良いですし、今は家で簡単にチェックできる検査キットも入手しやすいです。

 

 

おりもの 性病,おりもの 性感染症おりものに違和感がある方用の検査キットを確認する

 

 

産婦人科に行くべきおりものの異常な状態について

おりものは病気を知るきっかけになる場合があります。以下の症状が出た場合には早めの産婦人科の受信をオススメします。

 

  • おりものに悪臭がある
  • 外陰部のはれや痛みがある
  • 一日に何度も下着を替えるくらい、量が多くなった
  • ピンク色や茶色など、血の混ざったおりものが出ている
  • うみのようなドロっとした黄色や黄緑のおりものが増えてきた

 

性感染症の疑いもありますし、子宮膣部びらん、子宮頚管ポリープ、子宮内膜炎などの可能性もあります。簡易的な検査キットも良いですが、性病になる可能性が低い場合や症状が出てから時間がたっている場合には自己判断せずにお医者さんに見てもらうほうが安心できると思います。

 

 

 

 

このページの先頭へ