MENU

おまたがかゆい|性器の気になる症状

性器のかゆみは多くの人が経験していると思います。夏場や生理中はもちろん、いろいろな場面で痒みがでることがあるでしょう。

 

外陰部がかゆい・痛い

外陰部は汗やおりもので湿気が多い部分です通気性の悪い下着で群れてしまったり、ナプキンやおりものシートでかぶれたりしがちです。

 

おまたがかゆいなぁと感じたら、ぬるま湯でそっと洗うようにしましょう。いつも使っている石鹸で洗ってしまうと、むしろ刺激となってしまうことも多いといいます。そんなときにはシャワーで流す程度にしてみてください。女性器は膣内部を酸性に保って最近の侵入を防ぐ作業があります。膣内部までシャワーで洗い流すのはおすすめしません。

 

 

特に強い外陰部のかゆみを感じてしまった場合には産婦人科を受診してください。熱をもって腫れを感じたり、痛みがある場合には賞状的には性器カンジダや膣トリコモナス症の可能性があります。細菌に感染している場合には、抗菌薬などを適切に服用する必要があります。
我慢強さは人それぞれですので、産婦人科で性病の判定をされるくらいなら自宅でチェックしたいという方は検査キットでもまずは良いと思います。我慢をして症状を悪化させるくらいであれば、自分の状態が病気でないことを確認して、次の動きを迅速にするほうが身体には優しいと思いますよ。

 

 

>>性器カンジダや膣トリコモナス症のチェックができる検査キット

 

外陰部がかゆい症状を「外陰そうよう症」と呼びます。これは自律神経のバランスが乱れていたり、疲れている場合に起こることがあります。更年期にかゆみが起こることもあります。つらい症状の場合には、なるべく早くお医者さんに相談してみましょう。

 

 

おまたに腫れやしこりがある

外陰部は肛門に近いことで不潔になりやすいです。そのため大腸菌をはじめとする最近によるリスクを低くしてあげなければなりません。下着のこすれによる小さな傷からでも細菌感染によって腫れてしまうことがあります。その中でもいぼのようなしこりができた場合にはSTDを疑う必要があります。しこりが米粒くらいから親指くらいの大きさの場合には尖圭コンジローマの可能性、水疱ができて痛みが強い場合には性器ヘルペスや急性外陰潰瘍が考えられます。おまたの見える部分、外陰部の異常は比較的見つけやすいと思います。

 

 

このページの先頭へ