MENU

女性が感染したときの淋病(淋菌)の症状

淋病はクラミジアに次いで2番目に日本で感染者が多い性病です。淋病は性器や喉の粘膜に淋菌が繁殖することで起こる病気です。淋病は男性に対しては大きな症状が出るのですが、女性には症状が出ない場合が多いです。自覚症状がないことで感染者が増えてしまうのですね。大切な信頼できるパートナーだけとしかしていなくても、性病にかかる可能性があるんです。無自覚で感染しますので、誰かが感染すると自然に広がってしまうんですね。

 

実際に症状が出たときにはどのような症状になるのかですが、オリモノの異常、下腹部の違和感、わずかな出血、エッチの時の痛みになります。淋菌は最初は膣内の粘膜に付着することで感染が始まりますが、進行すると子宮頚部や子宮頸管に到達します。これによって炎症が発生し、オリモノの異常などの症状になります。

 

淋病にかかったときのオリモノの異常はどんな?
女性の場合には淋病では、黄色や緑がかった白色の膿のようなオリモノが出る場合があります。また、オリモノの量も普段よりも増えます。また、感染している子宮頸管の炎症は出血を伴いやすく、一緒に混ざってくることがあります。少量の不正出欠が長く続いている場合には要注意。早めにお医者さんに行って症状を確認してもらいましょう。お医者さんでは疑いのある性感染症の検査をしてくれます。また治療としてはその感染している原因菌やウィルスに対する抗生物質やワクチンで原因をなくすようにします。

 

可能性の段階でお医者さんにかかるのはちょっと大げさと考える方には簡易検査キットがお勧めです。保険証を使うことがなく、家族に心配をかけることなく検査を完了することができるので大変ありがたいサービスになっています。

 

 

このページの先頭へ