MENU

女性が感染したときのクラミジアの症状

女性がクラミジアになってしまったとき、ほとんどの場合には症状がありません。大体80%の人が全く症状を感じないんです。彼氏がクラミジアになったと聞いた場合には、まず検査しておいたほうが無難です。

 

男性の場合には尿道の先の部分がまず感染しますが、女性の場合には身体の構造上内部で感染してしまいます。膣から入ってしまったクラミジアウィルスは子宮頚部や子宮頸管といった場所に感染します。炎症を発生しますが、体内で発生しているためにわかりにくいのです。

 

女性が子宮頸管炎にになった時の症状

 

基本的には自覚症状がないのですが、以下のような違和感が出る可能性があります。オリモノの異常、小さな出欠、下腹部の違和感、エッチの時に痛いなど。生理前や生理中に同様の症状が出る方は特にわかりにくくなります。この子宮頸管炎は時間がたつと症状が収まることがあります。決して治っていると安心せずに、しっかり検査・治療をしてください。

 

 

女性がクラミジアに感染しやすいのはむしろ喉

 

クラミジアは膣や子宮頚部などの場所だけに感染するわけではないんです。粘膜があると感染します。女性の場合には喉が感染する場合が多く確認されています。これは咽頭クラミジアと呼ばれ近年爆発的に感染者を増やしています。男性との性交渉によるものと考えられますが、咽頭クラミジアに限って言えばクラミジアに感染している男性のモノを口に入れることで感染します。風俗に行っている男性とお付き合いしている場合には注意しましょう。

 

また、粘膜同士での感染をしやすいので性交渉だけでなくディープキスでも感染する可能性があります。風邪ではないけれど喉がずっと痛い場合には可能性を疑ってもよいと思います。

 

 

 

 

このページの先頭へ