MENU

淋病の症状と治療方法|内緒で性病検査

淋病は、淋菌という細菌に感染することで発症する性感染症です。

 

ここでは淋菌感染症の症状や治療方法についてお伝えしていきます。

 

淋病の感染経路

淋病の感染経路は主に性行為です。近年では、性行為の多様化により、オーラルセックスやアナルセックスでの感染も確認されており、その場合は咽頭や肛門に炎症が起こることがあります。また、妊娠中に淋病に感染した場合、産道感染で新生児が感染することもあります。妊婦さんは妊娠中の健診をしっかり受けることが大切です。

 

淋病の潜伏期間

淋菌の潜伏期間は1週間以内と言われています。多くの場合、2日〜7日程度の潜伏期間があり、その後症状が現れるようです。しかし感染から2〜3週間以上が経過し、その後症状が現れる場合もあります。

 

 

淋病の症状

淋病に感染した際、男性と女性では出現する症状に違いがあります。男性の場合、尿道の痒みや腫れ、熱感などの炎症症状が現れます。また、排尿の際の激しい痛みを生じることや、尿道口から分泌物が出ることもあります。
男性の場合は、このように自覚症状があることが多いですが、女性の場合は自覚症状に乏しい場合が多いです。症状としては、おりものの増加や悪臭、不正出血などが現れる場合もありますが、多くの場合は無自覚で、感染したことに気付かないこともあります。女性の場合、無自覚で治療しないまま感染が広がってしまうと、最悪の場合不妊症の原因になることもあります。

 

淋病の治療方法

淋病の治療は主に抗生剤の内服です。数日〜2週間程度内服を行います。内服の自己中断は再発の原因にもなるため、決められた期間しっかりと内服する必要があります。

このページの先頭へ