MENU

カンジダの症状と治療方法

カンジダ症は、カンジダという真菌が原因で起こる感染症です。カンジダは人の皮膚や口腔内、腸管、生殖器などに常在する常在菌です。ここではカンジダについてお伝えしていきます。カンジダとはカビ(真菌)の一種でこれが外因や膣に起こることで炎症を起こします。

 

カンジダの感染経路

カンジダは人の体内に常在しており、普段は悪さをしません。ストレスや疲労などで免疫力が低下した場合、菌が増殖することがあります。また、抗生剤の内服により、体内の他の常在菌が死んでしまった結果、カンジダ菌が増殖することもあります。カンジダの場合、性行為で感染する可能性は低く、全体の5%程度だと言われています。

 

カンジダの潜伏期間

カンジダの要因は様々であるため、潜伏期間を明確にすることは困難です。そのため、一定の潜伏期間というものはありません。

 

カンジダの症状

カンジダに感染すると、女性の場合は特徴的なおりものがでることがあります。チーズや酒粕のような、ポロポロとしたおりものが増え、膣や陰部に痒みが生じることもあります。男性の場合、性器の構造上の理由から、カンジダが発症することは少ないと言われています。免疫力の低下などで発症した場合、陰部の痒みや弱い痛み、白いカスのようなものが見られることがあります。

 

カンジダの治療方法

カンジダは、免疫力の低下によりカンジダ菌が増殖して発症します。そのため、治療には規則正しい生活が大切です。治療薬としては、女性の場合、膣錠や内服薬、軟膏が処方されます。
男性の場合は軟膏やクリームで治療していきます。男女共に、性器の清潔を保つことも治療に必要です。
完全に菌の悪影響が消えるまではおよそ1週間から10日間程度、再検査を行って菌がなくなったのをお医者さんに確認してもらいましょう。途中でやめてしまう場合、残念ながら再発してしまいます。

 

ガンジダで炎症を起こしやすい人の特徴

免疫力が低下すると発症するとも言われる感染症です、あなたの生活は大丈夫でしょうか。

  • 過労やストレスがたまっている人
  • ダイエット中やダイエット直後でホルモンバランスが崩れている人
  • 抗生物質やステロイド剤を服用している方
  • 糖尿病の人
  • 妊娠中の人
このページの先頭へ